「無能な管理職は無能な部下を重用する。組織全体の弱さのかげに、みんなが無能さを隠し合う」(リー・アイアコッカ)

 アメリカ自動車業界の「ビッグスリー」の一角を占めるクライスラーは、1970年代後半に大きく低迷していた(他の2社はGM、フォード)。1940年にはシェア25%で業界2位だったものが、1978年にはシェア11.1%で業界3位。しかも、上位2社がいずれも史上最高の業績を記録する中、クライスラーだけが不振だった。
 1978年11月2日、元フォード社長のリー・アイアコッカがクライスラー社長に就任した。ちょうどその日、クライスラーは第3四半期の赤字が1億6000万ドルという、史上最悪の業績を記録していた。
 クライスラーの問題点は組織のタテ割り、杜撰な経理、そして士気の低下にあった。
 まず、クライスラーには35人の副社長がいたが、それぞれの副社長が縄張りを強く主張していた。「一事が万事で、全員が勝手に仕事をしていた。見ただけで吐き気がした」と、激しい口調でアイカコッカはその様子を描写している。
 次に、クライスラーには全社的な経理管理制度が存在していなかった。工場ごとの経理管理といったこともできていなかったため、経理上の問題点を正確に知ることすら難しい状況だった。
 経理が杜撰であることは、新車種開発にも悪影響を与えた。そのくせ、過去の経営陣は海外進出といった一見派手なことには熱心だった。儲けの源泉である本業の開発をおろそかにしながら、たいした勝算もなく海外進出にうつつを抜かす。その結果、ますます業績が悪化していくという流れは、昨今の表面的な「グローバル経営」にも通じる教訓かもしれない。
 そして、頻繁な人事異動により、社員は適性と合わない持ち場に回され、大きく士気を低下させていた。背景には、不適切な人材起用の風潮があった。

「仕事に自信のない男は、自信のある部下を嫌う。『部下が出来すぎると俺のバカさ加減が目立ち、最後にはひっくり返される』と恐れ、その結果として無能な管理職は無能な部下を重用する。組織全体の弱さのかげに、みんなが互いの無能さを隠し合うのである」(『アイアコッカ わが闘魂の経営』より)

 アイアコッカはこうした組織を改善していく一方で、新車種も投入していった。低燃費・前輪駆動のコンパクトカーである「Kカー」シリーズを1980年に発売。当初は売れ行きが良くなかったが、市場調査からすぐにベーシックモデルに切り替えて価格を下げたところ、順調に売れ行きを伸ばしていく。1981年には、コンパクトカー市場でシェア20%を占めるまでになる。
 どん底を見たクライスラーだったが、アイアコッカの手腕により、1984年には売上196億ドル、利益24億ドルと、史上最高の業績を達成した。

■参考図書
リー・アイアコッカ『アイアコッカ わが闘魂の経営』(ダイヤモンド社)

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com